健康のためにサプリメントを使う人が多いですが、普通の食品とはどこが異なるのでしょう。



サプリメントと健康食品について

英語でサプリメントといえば補うという動詞であり、健康補助食品のことです。
サプリメント大国であるアメリカでは法律でサプリメントの位置づけがきちんと決められています。
アメリカでは、健康食品と薬品の間にあるものとしてサプリメントを定義づけています。
ハーブ、ビタミン、ミネラル、アミノ酸などの栄養成分を1種類以上含みます。
形状はカプセル、錠剤、パウダー、液体などの普通の食品とは異なる形状で栄養を補う目的のものと決められています。
ビタミン、ミネラルなどの栄養摂取に用いるものであることや、どう見ても外見が食品ではなく、カプセルや錠剤、パウダー状のものであるという印象は、日本のサプリメントにもあります。
健康にいい食品を乾燥や発酵させたりして手を加え、または食品に含まれている栄養を抽出することで、サプリメントを製造するものだと考えている人がいます。
形状は錠剤やカプセル、液体だけではなく普通の食品の形状でも使われます。
健康食品とは体にいい食品、というはっきりしない定義づけです。
日本の法律ではサプリメントと健康食品は同じ食品の扱いではないといいます。
サプリメントと健康食品のはっきりとした区別はなく曖昧なものなのだといえるでしょう。





サプリメントと健康食品について
サプリメントで健康維持
サプリメントと健康食品について



(C)サプリメントと健康食品について